蚊に刺されにくくなる方法を試すため、足を拭いてみた

本当は怖い『蚊』

家族の中でも特に蚊にさされやすい私。
毎年、夏~秋ごろにかけて憂鬱になります…

蚊の活動が活発になるのは?

 

蚊は一般的に
気温:25~30℃
9月~10月頃

 

が活発になるといわれています。夏の夜、蚊に悩まされるのは活動が活発になる気温だからでしょうか。

 

日本でも蚊が運ぶ感染症に注意

 

様々な感染症により毎年世界中で多くの人が死亡しています。

日本でも感染者が出ており、日本脳炎にいたっては発症すると死亡率が4割にもなるといわれています。

 

必見!!蚊に刺されにくくする方法は足をふくこと!?

 

その方法を発見したのは『田上大喜』さん。なんと高校生です!!驚きです!!

 

田上さんは、妹が自分よりも蚊に刺されやすいことに疑問を持ち蚊の研究を始めます。

 

そして妹が蚊に刺されやすい理由は、足にいる常在菌の種類の多さが関係していることを突き止めました。

 

田上さんのアドバイスで妹さんがアルコールをつけたティッシュで、足首から下をよく拭いて蚊が多い裏山に5分間いたところ、何もしなかったときは81か所も刺されたのに足を消毒した場合は刺された数が3分の1に減った、とのこと。(妹さん、がんばったね…)

 

効果が期待できるのは数時間。

 

蚊がいる場所に出かける直前に足を消毒すれば、蚊に非常に刺されにくくなるそうです。

 

足を消毒して蚊にさされるか試してみた

 

夏~秋ごろにかけて家の周りは雑草だらけ。草刈りを頻繁にするのですが、毎回『蚊』に何箇所もさされています…

 

情報通りに足首から下を念入りに除菌シートで拭いていざ草刈りへ!!

 

ー 約1時間後 ー

 

なんと!!いつもに比べるとあきらかにさされた箇所が少ない!!

本当に感動しました。完全に刺されなくなるわけではありませんが、刺される箇所が減ったことは大変うれしい結果です。

 

足を拭くことに加え、虫除けスプレーも併用すればもっと効果があるのでは?
今度試してみよう。

 

追記

 

もしかして今年は『蚊』が少ないのか?と思い、後日なにも対策しずに外へ出てみたら10分ぐらいで7箇所さされましたとさ…

 

まとめ

 

足を除菌することで蚊にさされにくくなるのは本当でした。花火などで夜出かける際にもいいのではないでしょうか?

 

それにしても妹思いのお兄さんですね。

 

以上です。

関連キーワード

Twitterでフォローしよう