ワイが副業を考えた理由と復業との違いについて調べてみた

未来の収入に希望が持てない

どれだけがんばっても昇給は数千円程度。残業代でなんとかなっている。

これでは家族を幸せにはできない。しかし転職や独立企業する勇気もアイデアない。

 

私が副業をしようと決めたのはそんな思いからでした。

 

現状の収入を得つつ、別の収入源を増やしていく。
そんな理想を現実にするためにがんばっています。

 

実践している副業

 

・ブログ
・株
・FX
・投資信託
・ウエルスナビ(ロボットアドバイザー)

 

まだ芽は出ていませんが、どれも地道にコツコツと行っています。

 

副業に追い風!?モデル就業規則改定

 

平成30年1月、副業・兼業について、企業や働く方が現行の法令のもとでどういう事項に留意すべきかをまとめたガイドラインが公表されました。

 

2018年1月、厚生労働省が副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成し、「モデル就業規則」から副業禁止の規定を削除しました。

 

これまでは労働者の遵守事項に「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」という規定がありましたが、これを削除し新たに「副業・兼業」という章を設けて以下のような条文を追記したのです。

 

第14章 副業・兼業
(副業・兼業)
第67条 労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。
2 労働者は、前項の業務に従事するにあたっては、事前に、会社に所定の届出を行うものとする。
3 第1項の業務に従事することにより、次の各号のいずれかに該当する場合には、会社は、これを禁止又は制限することができる。

① 労務提供上の支障がある場合

② 企業秘密が漏洩する場合

③ 会社の名誉や信用を損なう行為や、信頼関係を破壊する行為がある場合

④ 競業により、企業の利益を害する場合

 

こういった文章はムズかしくて苦手です。

 

これを受け、副業を解禁する企業が増えてはいるみたいですが、就業規則で副業を禁止、許可制の企業もあります。

 

トラブルを防ぐためにも就業先の規則を確認しましょうね。

 

副業と複業の違いってなに?

 

いろいろ調べたのですが、副業と複業に明確な定義はないようです。

 

副業:
本業を持っている人が収入を得る手段の
種類を問わずに何らかの収入を
得るために働くこと。
また、副業には大きな責任が伴わないことも
多く、いつ止めても特に問題がないという
特徴があある。
複業:
『パラレルワーク』や
『パラレルキャリア』ともいわれ、
本業を複数持っているというイメージ。
かける時間・労力が本業に近く、
簡単にやめられないという特徴がある。

という考えていいでしょう。

 

まとめ

 

やはりある程度収入がなければ自分も家族も幸せには暮らせません。

 

自分のペースで無理無くコツコツと副業をつづけていきます。

 

芽がでるのを信じて。ってゆ~か芽が出て花が咲くまでがんばります。

 

以上です。ありがとうございました。

関連キーワード

Twitterでフォローしよう