ある日突然テレビ画面に、

入力信号がありません。
出力機器をご確認ください。

と、メッセージがでてブルーレイレコーダーが使えなくなりました。

HDMIが使えない状態

・テレビのHDMI入力端子は3つで、そのうち1つが使えなくなった
・テレビは10年近く使用しているシャープ製
・ブルーレイレコーダーは3ヶ月ほど前に買い替えたパナソニック製

何の前触れもなく使用不可に。HDMIを差し替えると機器の使用ができるため、1つのHDMI入力端子が使用不可となったと判断しました。

対策

HDMI増設にて対応することに。
購入したのはエレコムのHDMI切替器3入力1出力。4入力でもよかったかな?

HDMI切替器は数多くあるが、知っているメーカーであったためエレコムの商品を購入しました。

テレビの使えるHDMI入力端子にエレコムのHDMI切替器を接続し、レコーダー、Google Chrome、ニンテンドースイッチを接続。簡単です。

全ての機器で動作を確認できました。

HDMI切替器を使用して感じたメリットデメリット

※今回購入した製品での感想です
〇メリット:
・テレビのHDMI入力端子不足を解決する救世主
・簡単設定
・機器が小さく邪魔にならない

×デメリット:
・切り替えが自動でできない場合有り

メリットはなんといってもテレビのHDMI入力端子不足解決です。私のようにHDMI入力端子が使えなくなり困っている人以外にも、テレビを購入したあとにHDMI入力端子が足らないことが発覚し困っている人にも救世主となる商品でしょう。
取付も簡単で形状も小さい。

デメリットとしては、自動で切り替わらない場合があること。
私の場合Google Chromeとニンテンドースイッチは自動で切り替わるのですが、レコーダーだけは自動で切り替わらず。そのため切替器の上にあるスイッチを押して切り替える必要があります。

とはいってもスイッチを押すだけのため、たいした労力でもなく気になりませんが。

まとめ

テレビのHDMI入力端子が突然使用できなくなるというアクシデントで焦りましたがHDMI増設することで対策。
費用としては2千円程度(私が購入した商品で)とテレビの買い替えや修理を考えると格安で大満足です。

以上です。ありがとうございました。



Twitterでフォローしよう