ミラブルシャワーで腕時計のよごれを落とす

こんにちは。じぇいです。

毎日つける腕時計。気がつくとバンドのあいだ等に汚れが。

肌につけたマジックをも落とすミラブルなら、腕時計の汚れも簡単におとせるのでは?と思い試してみました。

注意

腕時計に直接シャワーをあてるので、腕時計が壊れる可能性があります。本記事のように腕時計に直接シャワーを当てることは自己責任でお願いいたします。

腕時計のオーバーホールはコチラで無料見積もりできます。

 

私も自己責任でおこないました。

 

ちなみに今回ミラブルシャワーで洗う腕時計はオメガのシーマスターです。

腕時計にシャワーを当てて、よごれを軽く指でこすってみます。

汚れ確認

今回特に汚れが気になった箇所は、ベルトのあいだ、ベルトの長さ調整部、文字盤うらのへこみ形状です。

ベルトのあいだ

腕時計のベルトのよごれをミラブルシャワーヘッドで落とす

ベルトの長さ調整部

腕時計ベルトの長さ調整部のよごれをミラブルシャワーヘッドで落とす

文字盤うらのへこみ形状

腕時計文字盤うらのよごれをミラブルシャワーヘッドで落とす

腕時計文字盤うらのよごれをミラブルシャワーヘッドで落とす

ベルトの長さ調整は、ウェットスーツを着たときに使用するらしい。

ダイビングをしない私には不要ですね。

シャワーで洗浄してみた

さっそく腕時計にシャワー開始!

※先にも伝えましたが、腕時計にシャワーをかけることは自己責任でお願いします。

まずはミラブルの通常モードでシャワー。

温度はぬるめのお湯。

ミラブルシャワーで腕時計のよごれを落とす

そのあとにミストに切り替えてシャワー。

ミラブルミストシャワーで腕時計のよごれを落とす

ミラブルはミストに切り替えるとシャワーの温度が下がります。

そのため水温を上げて調整。

ミラブルの真骨頂。ミストシャワーをかけながら指の腹でよごれをこすると落ちる落ちる。

そして洗浄後。

ベルトのあいだ

腕時計ベルトのよごれをミラブルシャワーで落とす

ベルトの長さ調整部

腕時計ベルトの長さ調整部のよごれをミラブルシャワーで落とす

文字盤うらのへこみ形状

腕時計文字盤うらのよごれをミラブルシャワーで落とす

腕時計文字盤うらのよごれをミラブルシャワーで落とす

100%よごれが落ちたわけではありませんが、数分で結構きれいになりました。

洗う前との比較画像

 

今回の腕時計洗浄のビフォーアフター画像です。

ベルトのあいだ

洗浄前 / 洗浄後

腕時計のベルトのよごれをミラブルシャワーヘッドで落とす前腕時計ベルトのよごれをミラブルシャワーで落とした後

ベルトの長さ調整部

洗浄前 / 洗浄後

腕時計ベルトの長さ調整部のよごれをミラブルシャワーヘッドで落とす前腕時計ベルトの長さ調整部のよごれをミラブルシャワーで落とした後

文字盤うらのへこみ形状

洗浄前 / 洗浄後

腕時計文字盤うらのよごれをミラブルシャワーヘッドで落とす前腕時計文字盤うらのよごれをミラブルシャワーヘッドで落とす前

腕時計文字盤うらのよごれをミラブルシャワーで落とした後腕時計文字盤うらのよごれをミラブルシャワーで落とした後

最後に

CMなどで話題のミラブルのシャワーヘッド。

そのミラブルのシャワーを使うことで、最近気になっていた腕時計のよごれを落とすことが出来ないか?と軽い気持ちで試してみましたが、結構簡単によごれが落ちました。

完全によごれを落としきり、きれいにすることはできませんでしたが、自分としては満足。

今回の試験は自己責任で行っています。

腕時計が壊れる恐れがありますので、直接シャワー等で洗浄するさいは自己責任でお願いいたします。

大事なことなので再度報告させていただきました。

大切な腕時計はプロにオーバーホールをしてもらうことをおすすめします。

無料でお見積りを出してもらえるので、一度確認してみてはいかがでしょうか。

オーバーホールの際に部品の洗浄もしていただけるので、自分で洗うよりもきれいになりますよ。

腕時計修理オーバーホールなら【リペスタ】
================================================
見積り後の修理依頼率は脅威の91.4%国家資格である1級時計修理技能資格を所得した十分なキャリアの職人が、それぞれ専門分野のメーカーを修理する体制が整っています。お客様負担0円で見積もりが出来ますので、まずは下記より無料見積もりをどうぞ☆彡

================================================

以上です。

ありがとうございました。

Twitterでフォローしよう